未分類

歯ブラシは見た目には汚くなくても

こうしたことを教えてくれる歯科は予防歯科などの言葉をサイトの1ページに書いているのが一般的です。

インプラントとは、簡単に説明すると人工の歯を取り付ける技術。

歯周病や怪我が原因で歯がなくなってしまったところに人工の歯の根っこをつけ、そこに歯を乗せるイメージです。

インプラントは健康保険の適用外であるため治療費が高く、1本の価格は30万円~45万円もしてしまいます。

そんなにするの?と思っている人が大半ではないかと思いますが、インプラントは歯科で導入するために初期費用がかなりかかるため、仕方ありません。

インプラントが凄いのは、ブリッジの技術とは異なり、周囲の歯にかかる負担を減らすことができるという点です。

患者本位の経営をしている歯科医であればきちんと費用や効果について説明してくれますので、治療に先立って理解できるまで話を聞いて、それから治療を受けましょう。

歯磨きの方法論に確信はありますか?歯磨きは、次の3つのポイントに配慮する必要があります。

最初に、歯ブラシの毛先を歯と歯茎のつなぎめや、歯と歯の隙間に正しく当てて、しっかりと掃除して汚れを除去することが肝心です。

2つ目に、歯ブラシを支える手に力が入りすぎては逆効果なので150g~220g程度のわずかな力で歯ブラシの毛先が広がらないくらいにすると良いです。

3つ目は歯ブラシを小さく振動させ、歯を1つずつ丁寧に磨くことなのです。

歯磨きの理由は色々存在しますが、一番大事なのは歯垢を歯の周りから取り除くことで、これが出来ないと虫歯の原因となって、90歳で20本以上の歯を残すのは不可能です。

歯垢は水溶性が乏しく、粘着性があるために洗口だけでは除去がほぼ不能ですので、ブラッシングがどの程度ちゃんと実行できているかが決め手になります。

歯医者に時々自分の歯を診てもらうのは、歯の健康を維持する上できわめて重要です。

その理由ですが、口腔環境の悪化は自覚症状が乏しく、自分では自覚できないからというのが理由です。

また、歯垢を日々の歯磨きで完璧にきれいにすることは難しいので、定期的に歯科検診を受ける必要があるのですが、ちゃんと分かっている人は4割もいないようです。

歯医者での初診時は、歯の周りのレントゲンを撮ることが一般的ですが、これはレントゲンでないと確認できない顎の骨の状態などを確認するためのものです。

定期的に検診を受けるのはお金のムダと思っているでしょうが、初期の虫歯に気づかず抜歯が必要になり、インプラントなどを利用するよりはなってもいいのでしょうか。

kozima (Author)